“天性の釣り師”山下美月の魅力!学歴やアイドルになるきっかけ、名前の由来・特技プロフィール・学生時代~略歴まとめ

乃木坂46ファンの間では”天性の釣り師”と名高い『山下美月』。

釣り師というイメージが強い山下美月さんですが、彼女の経歴を見ると、しっかりと計画をたて、それに向かってすぐに行動できるとても頭の良い人だと強く感じます。

彼女のアイドルになるきっかけや、出身校等これまでの経歴や、性格・特技等、プロフィールをまとめてみました。

プロフィール

【名前】
山下 美月(やました みづき)

【ニックネーム】
みづき、づっきー

【生年月日】
1999年7月26日

【出身地】
日本・東京都

【血液型】
O型

【身長/体重】
159 cm / ― kg(未公表)

出身校・学歴

出身校:東大和南高等学校(東京都)

偏差値:56-59(2019年時点)

山下さんは第1志望の高校を落ちてしまい、こちらの高校に進学している経緯があるため、高校受験時には偏差値60以上あったと考えられます。

乃木坂46加入後に、学業と芸能活動を両立するため、日出高校(目黒日本大学高等学校)芸能コース(偏差値43-48)に転校して卒業しています。

経歴(略歴)

1999年7月26日
東京都で生まれる(一人っ子)。

小学生~中学時代
小学生の時に青少年の主張『意見発表会(小学生の部)』最優秀賞を受賞。
中学生の時にも青少年の主張『意見発表会』にて優秀賞を受賞しており、文才が高く評価されていた。
また、中学生から芸能活動もしており、芸能事務所『レプロアスター』に所属していた。

2014年(高校時代)
茶道部に所属し副部長をつとめる。
中華料理店でアルバイトをしていた。
乃木坂46に入る前には臨床心理士になる夢をもっていたが、芸能界にも興味があり、中学時代から引き続き芸能活動も続けていた。

2016年9月4日(17歳)
乃木坂46の3期生オーディションに応募し、見事合格。乃木坂46での活動をスタートした。同年12月10日、日本武道館で行われた「乃木坂46 3期生『お見立て会』」でファンに初披露された。

2017年2月2日
3期生初公演となる『3人のプリンシパル』に出演し、3役を制覇した。

2017年5月9日
3期生初の単独ライブとなる「乃木坂46 三期生単独ライブ」に出演した。

2017年8月9日
乃木坂46の18thシングル「逃げ水」に収録された3期生楽曲「未来の答え」で初のセンターポジションをつとめた。

2018年3月12日
乃木坂46の20thシングル「シンクロニシティ」に初福神として初選抜されたことが発表された。

2018年8月23日
ファッション誌『CanCam』の専属モデルに抜擢。

2018年10月13日
映画『日日是好日』で、主人公の茶道教室の後輩・ひとみ役を演じ、映画初出演となった。

2019年4月12日
テレビドラマ『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』で萩原利久とダブル主演をつとめた。

(出典:Amazon.co.jp)

2019年4月13日
テレビドラマ『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』の撮影との両立が困難なため、23rdシングル「Sing Out!」に関する活動への参加を見送ることを自身のブログで発表したが、同年8月から開催された『乃木坂46真夏の全国ツアー2019』の公演から復帰した。

⇒山下美月が復帰を果たした全ツ2019ライブレポートはこちらから

アイドルになるきっかけ

もともとアイドルに憧れていて中学時代から芸能活動をしていた山下美月さん。

アイドルに憧れるきっかけとなったのは、ハロー!プロジェクト所属の『Buono!』だったようです。

(出典:Amazon.co.jp)

欅坂46のオーディションでは書類審査で落選してしまいましたが、乃木坂3期生オーディションで見事合格。

学業と芸能活動を両立するため、芸能コースがある高校に転校までしているため、芸能界での活動に真剣だったことがうかがえます。

人物像・生態

人物像・性格

人見知りでマイペース。頭がよく、行動力はあり、幼いころから色々な習い事を体験している。

小学3年生の頃からアイドルが好きで、2012年8月に行われた前田敦子の卒業コンサートにも行ったことがある。

服のセンスは無い。そのことを齋藤飛鳥からよくいじられる。

好きな食べ物は味噌汁、はちみつ梅、おにぎり、お刺身。苦手な食べ物は抹茶、ヨーグルト。

乃木坂46の憧れの先輩は西野七瀬、桜井玲香。

AKB48の向井地美音さんと仲良し。

名前の由来

「月がとても綺麗な夜に生まれたから」という理由で祖父が命名した。

趣味

フラミンゴを見ること。

特技

過去に習い事をしていた、ゴルフ、テニス、バレーボール、ダンス、茶道。

また乃木坂工事中で発覚した『異性間コミュニケーション』の上手さは有名です。まさしく小悪魔笑

釣り師

握手会での対応が良く、釣り師と評判。

距離が近く、眼力も強いため、活動当初から握手会対応は破壊力抜群で、その魅力に落ちるオタクが多数発生した。

齋藤飛鳥

先輩である齋藤飛鳥に持ち物や服のセンスについていじられる事が多かったが、TVドラマ『映像研には手を出すな』で共演した事で距離が縮まり、逆に飛鳥をいじり始める。

飛鳥はいじられる度に自分が何年先輩か確認させるが、中々なおらないと語っている。

⇒乃木坂46メンバー紹介記事一覧

Posted by zonosite