【乃木坂46 星野みなみ】学歴やアイドルになるきっかけ、性格・特技等プロフィール・学生時代~略歴まとめ

乃木坂46の星野みなみさんのアイドルになるきっかけや、出身校等これまでの経歴や、名前の由来、性格・特技等、プロフィールをまとめました。

プロフィール

【名前】
星野 みなみ(ほしの みなみ)

【ニックネーム】
みなみ、みなみちゃん(梅澤美波と混同しない呼び方が望ましい)、ほしみな(from中元日芽香)

【生年月日】
1998年2月6日

【出身地】
日本・千葉県

【血液型】
B型

【身長/体重】
155 cm / ― kg(未公表)

出身校・学歴

出身校:堀越高校(東京都)
偏差値:37

中学2年生で乃木坂46に合格したため、高校は芸能人御用達の「堀越高校芸能コース」に進学している。
また、中学では陸上部に所属していた。

経歴(略歴)

1998年2月6日
千葉県で生まれる。(4歳下の妹がいる)

小学生~中学生時代
小さな頃からパンが好きで、パン屋さんになりたかった。
小学生の頃に習字とそろばんを習っていた。
中学時代には陸上部に所属し、毎日ハードな練習をこなしていた。

2011年8月21日
乃木坂46第1期メンバーオーディションに合格。暫定選抜メンバーに選ばれオーディションでは渡り廊下走り隊の「青春のフラッグ」を歌った。

2012年2月22日
乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。選抜メンバー(七福神)入り。

(出典:Amazon.co.jp)

2012年7月1日
『キレイな姉』(ACジャパン)で初の単独CMに出演し、「読者の選ぶCM大賞」における新人タレント部門で6位に選ばれた。同部門で8位の乃木坂46を個人で上回っている。

2013年3月
中学校を卒業。高校へ進学した。

2013年11月27日
7thシングル「バレッタ」で初の選抜落ち。その後、9thシングル「夏のFree&Easy」で選抜復帰している。

2018年4月10日
初のソロ写真集『いたずら』が発売された。

アイドルになるきっかけ

アイドル志望ではなかったが、友達と一緒にオーディションを受けて自分だけが合格してしまったことがきっかけとなった。

人物像・生態

人物像・性格

可愛らしい見た目、声やしぐさも可愛い。まさに”可愛いの化身”
その見た目に反して、小さなころから運動をしていて運動神経はいい。
チャームポイントはおでこ。
好きな食べ物はパン、辛いもの

特技・趣味

趣味は買い物。
特技は走る事、フラッシュ暗算。料理もつくれる。

名前の由来

親から「タッチ」の南ちゃん(浅倉南)が好きという事が関係していると聞いたが、はっきりとしたことは忘れたと本人は語っている。名前がひらがなとなっているのは、覚えやすいからという理由からとの事。

パン

小学1年生の時からパン屋さんになりたいと思っていた。

一時期「星野みなみ=パン」というイメージがかなり強くなり、握手会では多くの参加者から「パン下さい」というようなお願いをされた。

生生星・メンバー関係

『生生星』とは生田絵梨花生駒里奈・星野みなみの3人組の事。
読みはいくいほし(公式)
乃木坂46の初期のフロントメンバーの一人で根強い人気を誇る。

また、齋藤飛鳥堀未央奈、和田まあやと仲が良く、
齋藤飛鳥・星野みなみのペアはファンから『あしゅみな』
星野みなみ・堀未央奈のペアはファンから『みなみおな』と呼ばれている。

それ言ってるヤツ、クズだから

自分には武器がない事を悩んでいたところ、握手会で「みなみちゃん、強みないのに(選抜に)いれてラッキーだね」と言われた事が悔しかったと乃木坂工事中の選抜発表で語った。

それを聞いたバナナマン設楽は「それ言ってるヤツ、クズだから!そいつの人生なんかカスだからさ、そいつよりは絶対頑張ってるしね」と過激な表現をして励ました。それを聞いたファンも「よく言ってくれた」と設楽の発言に賛同する人がほとんどだった。

乃木坂46とバナナマンの絆を感じるファンの間では有名なエピソード。

秋元真夏

学業のため活動を休止していた秋元真夏4thシングル「制服のマネキン」で突然選抜入りし、他メンバーとぎくしゃくしていた時期があった。
その時期に唯一秋元に積極的に話しかけてくれたのは星野だった。
秋元は後に、その時期に話を聞いてくれた星野の存在が大きかったと語っている。

みなみちゃんは偉いねぇ~

ネット上で星野を溺愛する際に用いられている用語。
~できて偉いねぇ等、様々な用途があり、使い勝手がいい。

サイリウムカラー

白×白(2016年3月までは水色×オレンジ)

乃木坂46メンバー略歴まとめ記事一覧

Posted by zonosite